念佛宗で学ぶ。チームワークの本質

念佛宗で学ぶ。チームワークの本質について

チームワークの本質は、念佛宗から教わった

会社組織は一人の力だけではなく、会社全体で目標を達成するものである。チームワークが大切だが、本質が分からなかった時は、大変苦労した記憶もある。本質に関しては念佛宗から教わった。教わる前は、勝手な行動をしている人に悪口を言ったり、怒りだけで相手を押さえつけたり、周りの人達と、はぶくような酷いこともした。そのままでいたら、人が着いてこなくなった。自分を改善しなくてはいけないと思い、念佛宗から本質を教わってからは、人に対しての対応も改善された。勝手な行動をしている人に、心から仲間だと思いながら、注意をするようになり、悪口やケンカ口調も無くなった。時には厳しく、時には優しく接することにより、自分を始め、会社全体に良い意味な余裕も出てきた。人は鏡である。自分が良くしてあげないと、相手も良くしてくれない。言葉だけで分かっていても、実際に本質が理解できていない場合、行動に移すことも難しい内容なのだ。念佛宗の教えのおかげで、チームワークは今も成り立っている。怒り、意地悪、嫌味は駄目ね。

悩み苦しみは自己中心時、それを気付かす念佛宗

嫌なことがあった、あの仕事が大変だった、これが上手くいかなかったなど、人生には苦労が多いです。そもそも苦労を感じる時は「自分が思っていることと違うことが起きて、行動している時」です。念佛宗の教えの一つでもあるこの内容は、気付いてもらい、人みんなが、より幸せを感じやすくなってもらいたいが為、シェアし続けている内容です。私も、悩んだり苦しんでいた時はあります。念佛宗で気付く前は、自分のことばかり考えていて、他人、物、お金のせい、条件のせいにしていました。こういったことを感じるのは自己中心時の時だけです。断言しましょう。原因は自分にあります。自分がこの人といたからトラブルになった、自分がその物を使っていたから失敗した、自分がその時の為にお金を残していなかったから、欲しい商品が買えなかった。すべて自分に原因があります。受け入れがたい内容ですが、念佛宗の教えにそって、受け入れてみてください。自己中心時の悩み、苦しみ時の、嫌な気分にならなくなります。お試しあれ